So-net無料ブログ作成
検索選択

阪神大震災援護金“借り得”許すまじ 滞納者に返還求め訴訟へ(産経新聞)

 大阪市は27日、阪神大震災の被災者に貸し付けた「災害援護資金」で、能力があるのに返済しない滞納者に対し、返済を求める訴訟を起こし、回収を進めると発表した。

 訴訟対象とするのは、借受人が行方不明になったり、資産があるとみられるのに返済せず、時効が迫っているケース。金額が多い滞納者を中心に約15件の訴訟を起こす。

 市によると、平成8年に641件約10億5千万円の災害援護資金を貸し付けた。経済的な理由で返せない人には少額分納を認めるなどして回収してきたが、昨年10月で213件約2億3千万円が未収となっている。

 担当者は「苦しい中で一生懸命返済してくれる人もおり、一部の“借り得”は許されない」と話している。

朝青龍「残念な行動」=相撲協会に報告求める−文科相(時事通信)
国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)
民家火災で3人死亡=小学生の長女らか−神戸(時事通信)
暖冬だから?出水のツル、最も早い北帰行(読売新聞)
元厚労局長、村木被告は無罪主張 郵便不正初公判(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。