So-net無料ブログ作成
検索選択

1月機械受注、3.7%減=基調判断は上方修正−内閣府(時事通信)

 内閣府が10日発表した1月の機械受注統計(季節調整値)によると、民間設備投資の先行指標とされる「船舶・電力を除く民需」は前月比3.7%減の7238億円だった。20%を超す大幅増を記録した前月の反動で2カ月ぶりのマイナスとなったが、前年同月比の落ち込み幅は1.1%に縮小。内閣府は基調判断を「下げ止まりつつある」に上方修正した。
 官公需、外需などを加えた受注総額は3.7%減の1兆9091億円だった。 

【関連ニュース
島津製作所、4〜12月期は営業益79.3%減=計測機器の民需低迷
12月機械受注、20.1%の大幅増=09年は過去最低水準
極めて緩和的な金融環境維持=日銀支店長会議で白川総裁
11月の機械受注、過去最低に=民需11.3%大幅減
長期国債、じわり増加=買い取り増で50兆円に

駅ホーム転落の男性、俳優・池田努さんらが救出(読売新聞)
民家全焼、親子4人死亡 夫婦の寝室に拳銃なぜ…(産経新聞)
介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
衆院選無効訴訟で5例目判決へ=格差2.3倍、違憲と主張−東京高裁(時事通信)
地元業者が「欠けにくい」信楽焼の新製品開発(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。